うつ病の種類を把握し正しく治療|メンタルケアは現代の必須事項

うつ病対策のために まずは種類を知ろう

身体や思考に異常が出る

医師とナース

どんな種類の異常が、うつ病にかかれば出てしまうのかを把握しておきましょう。症状の一つ一つを見れば見逃しがちですが、これらが複数起こっていて、長く続いているなら病院を受診すべきです。

Read More

ストレスがたくさん

カウンセリング

多くの人が苦しんでいる

うつ病は現代は特にかかる人が多い病気でもありますので、なるべくこの病気に対する理解を深めるべきです。2016年は教員の中で精神的なストレスによって、休職をせざるを得なくなってしまった人が過去最高の数に達したとされており、治療体制の充実が急務となっています。この中にうつ病を発症している人は多数存在しています。もちろん教職だけがこの病気にかかりやすい種類の職業なのではなく、一般の企業に勤める人でも予備軍を合わせて膨大な数の人が精神的な病気の治療をしているのです。なぜこのように多くの種類の人が、うつ病に苦しんでいるのか、その大きな原因はストレスです。ストレスというものの認識がされたため、今まで病気とは判断されていなかった人でも精神的な病気と診断されることもあります。また、現代はストレスが増大しているともいえるため、そのストレスとの付き合い方を身に着けていう必要があるのです。それが上手くいかなければ、病気を発症してしまうことがありますが、薬や休養をとることで必ず治る病気であるということも認識しておくべきだといえます。

ストレスを知る

では、うつ病の原因となるストレスのことを知っていきましょう。実はストレスはいくつかの種類に分けられます。社会的なストレスと心理的なもの、そして環境や身体に対するストレスといった種類があるのです。実にいろんなストレスがありますが、全ての人がこれらのストレスに弱いわけではないのです。モノアミンという脳内の物質が減少してしまうことで、発症してしまうのではないかということもいわれています。そして、社会的ストレスとはなにか、自分はどの程度、どこからストレスを得ているのだろうかということを知ることも大切です。原因は自分で気付かないところにあるかもしれないので、セルフチェックをしたり、周囲の人はその人の行動がうつ病と当てはまるのかを知る必要があります。色んな種類のうつ病もあるので、それらについても把握しておきましょう。

大うつ病性障害の症状

女医

典型的なうつ病の種類である大うつ病性障害の症状について詳しく知っておけば、病気に対する理解を深めるきっかけになります。劣等感を生む極端な思考が生じることがあります。

Read More

躁状態がある双極性障害

悩む中年男性

躁鬱の状態を行き来する双極性障害も、うつ病の種類の一つです。軽い躁状態とうつ状態の行き来だと病気だと気づかれないことも多いですし、躁度が高いと極端な状態を行き来することになって危険です。

Read More

気分変調性障害の特徴

ハートとカギ

性格が暗い、マイナス思考である、そういった人が周りにいる場合は、他の特徴もチェックしてみて、気分変調性障害ではないかを確認しましょう。うつ病の一つの種類なので、適切な治療が必要です。

Read More

嬉しい出来事もストレス

笑顔の婦人

うつ病はなにも、悲しいことや辛いことばかりが原因となるわけではありません。一見嬉しいことでも、環境がガラリと変わることで不安を覚える種類のことであれば、それはストレスなのです。

Read More