うつ病の種類を把握し正しく治療|メンタルケアは現代の必須事項

ドクター

躁状態がある双極性障害

悩む中年男性

明るい気分

抑うつ気分がうつ病であるかどうかの判断の分かれ目となりますが、明るい気分になることもあるからといって病気ではないと判断するのは早計だといえます。うつ病の種類には、双極性障害というものもあるからです。双極性障害とは、うつ状態と躁状態の両方を極端に行き来する症状が起こるのが特徴です。この病気だと、二週間以上抑うつ気分が続くわけではないので、判断が難しくなってしまいます。しかし、躁状態も極端な状態なので、すぐに日常生活に支障が生じることになります。

二種類ある

双極性障害といううつ病にもⅠ型とⅡ型の二種類があるので、これらの症状もチェックしておきましょう。躁の度合が大きなものがⅠ型であり、この状態になると眠る時間もないほど覚醒しているといいます。一日中喋っているのも大きな特徴であり、しかもその話し相手は誰でも良いのです。特にクリエイティブな考えが浮かぶこともあるので、アイディアが基本となる仕事であれば良いとも思えてしまいます。しかし、躁状態だと集中することができないため、そのアイディアを実現するまで粘ることはありません。そのため手当たり次第で大きなことを言い、最後には放り投げてしまうという周囲に迷惑をかける人になってしまうのです。もちろん、うつ病なので、うつ状態に陥るとその落差は激しいものになってしまいます。うつ病の症状は大うつ病性障害とまったく同じで、一週間前までクリエイティブなアイディアを喋りまくっていた人が急に、何もかも駄目だと投げ出してしまいます。そうなると周囲もついていくのが大変な状態になってしまうのです。Ⅱ型はその躁状態が軽度なので、周囲の目にはうつ気分から回復したように見えてしまうことも多いです。しかし問題は続いているので、根本的な解決に繋がらないことが多いため、躁状態が軽度だからといって問題が少ないわけではありません。一番危険な種類の状態が、混合状態といわれる、身体は元気なのに思考がネガティブになるときです。そうなると希死念慮が起こった場合に危険な行動に出てしまう確率が高まります。