うつ病の種類を把握し正しく治療|メンタルケアは現代の必須事項

ドクター

大うつ病性障害の症状

女医

一般的に認知されている

うつ病には多くの種類が存在しますが、大うつ病性障害がいわゆる一般的な「うつ病」と認識されているものにあたります。病気と判断するには何が必要なのかというと、精神科で診断する病気の場合は、エピソードを満たしていることが挙げられます。大うつ病性障害の場合は、7種類のエピソードが挙げられていますが、全てを満たさなければいけないというわけではありません。しかし5つ以上当てはまるとなれば、この病態であるということが診断できるでしょう。その内でも、2つは当てはまるべき必須事項があります。一つは抑うつ気分があるかどうかです。これはどの種類のものにも必須の事項となっています。どんな状態かというと、ゆううつな気分が2週間以上続いているというものです。「自分はこの世に必要のない存在なのだ」「何をしても虚しい」といった感情を始め、「涙が出るほど悲しく、実際一日で涙を流して泣くことがある」というエピソードがあるなら抑うつ気分があるということの証明となります。興味や喜びが喪失するエピソードとは、「以前は好奇心が強かったのにそれがなくなった」「性欲がなくなった」というものです。こういった種類のエピソードが当てはまっていなければ、大うつ病性障害とはいえないでしょう。

その他のエピソード

7つのエピソードの内、その他のエピソードには希死念慮や睡眠障害といったものがあります。そのほかには極端な思考に走ってしまうという種類のエピソードもあります。普通なら気にしないような失敗でも、いつまでも気になったり、それが世界の終わりであるように感じてしまうなどです。普通の人でも失敗したり悲しくなったりすることはあるのですが、大うつ病性障害になってしまうと、強い劣等感を生んでしまうこともあるのです。これらの症状はどれも典型といえますので、うつの勉強をする際にはこの種類の症状を調べてみるといいでしょう。